「働くことを軸とする安心社会」という理想を実現

私たちの声を国政に届けよう! 政治学習会ひらく

県央地域協議会(大塚尚議長)は8月22日、山口市と周南市で、各会場ともコロナ感染症対策を万全に、講演メインの政治学習会を開催しました。当日の運営にあたっては、午前、午後、それぞれの会場でWEB参加も併用して行うなど初めての試みとなりました。

冒頭、各会場では各地区会議の代表が今般の政治情勢に触れた後「働く者や生活者の声を反映した政策を実現するためには、私たちの代弁者となる議員を国会に送り出すことが重要」とし「学習会を自己研鑽の場として、より一層、政治や政策に関心を持つ機会にしてほしい」と挨拶しました。

これを受け、立憲民主党子ども子育て担当・コーディネーターで元モーニング娘の市井紗耶香氏から、4人の子育て経験を踏まえた支援の在り方や方向性等について、リモートで講演をいただきました。

続いて、今秋の衆議院選挙に連合山口推薦候補として出馬予定の大内一也氏が、日頃の支援に対する御礼を述べた後、立憲民主党がコロナ禍で主張し続けてきた支援策や長年の課題である少子化について熱弁をふるいました。 もう、黙っちょれん!大内一也氏 政策を語る

大内氏は「こどもの減少は、日本を支える世代の減少に直結し、地域社会や経済、社会保障、安全保障が立ち行かなくなり国が維持できなくなる。したがって、人が増える政策をとらなければ社会が成り立たない」と強調しました。

これに対し、参加者の一人から「お金だけでは子どもは増えない。地域によっては安心して出産できる産科を探すのが困難な状況」など、ハード面での環境整備も視野に入れた施策を求める要望があり、大内氏は現場の意見をしっかり聴いて今後に活かす姿勢を示しました。

最後に、各地区会議の代表者が「講演の内容を各単組に持ち帰り、私たちの声を届けてくれる人は誰なのか、皆でどの様な行動を起こすべきなのか議論し、他人任せではなく、自ら行動を起こすことをお願いしたい」と締めくくりました。

▲山口・防府地区会議 政治学習会(10時30分~山口市 防長苑にて)

リモート含め56名参加

▲周南地区会議 政治学習会(15時30分~周南市 ホテルサンルート徳山にて)

リモート含め22名参加

政治や政策に関心を持とう!

県央地域協議会周南地区会議は8月17日、ホテルサンルート徳山において、推薦議員の協力の下、ソーシャルディスタンスの確保を最優先に、検温や手指の消毒等も行なったうえで労働政治学習会を開催しました。

冒頭、亀井健太郎代表は「私たち働く者や生活者の声を県政や市政に反映させるには、日頃から問題意識を持って組合活動に取り組む必要がある。そのためには、地方行政の機能や役割、また、実態や施策等について“知る”ことが重要だ。本日の学習会が組合役員はもちろん、若手組合員の自己研鑽の場として、より一層、政治や政策に関心を持っていただく機会になれば」と述べました

続いて、戸倉多香子県議会議員と小林雄二市議会議員から、それぞれ議会における活動等について報告を受けました。

この中で、小林市議は、徳山大学の公立化問題について、公立化によるメリットや課題等に触れ、今後は「着地点を見据えて動向を見守り、必要に応じて声を上げていくことが大切」と提起されました。

活動報告の締めくくりとして両議員からは「皆さんから生の声をしっかり聴いて、リアルタイムで政治活動をしていく」と決意表明がありました。

周南地区会議では、引き続き推薦議員と連携し、県や市に対して現場の声を政策に反映すべく活動を展開します。当面、10月を目途に周南市に対し要請行動を実施する予定です。

▲主催者挨拶をする亀井代表

▲戸倉多香子 県議会議員(笑顔通信 とくらたかこ県政レポート

▲小林雄二 周南市議会議員

 

2021政治学習会を開催

中部地協は、8月20日(金)萩市において「2021中部地協政治学習会」を開催、各組合から23名が参加しました。はじめに佐田議長代行が挨拶で「今秋までに必ず行われる衆議院議員選挙を控え、いま一度労働組合としての政治活動、選挙の取り組みについて、ぜひ参考にしていただきたい。今後の取り組みについても、ご協力を頂けたらと思う」と述べました。
続いて、中部地協推薦議員である斉藤眞治萩市議会議員より「なぜ労働組合は政治闘争をするのか」のテーマでお話をいただきました。
斉藤市議は「労働組合では方針を立てて実践することを闘争という。労働組合の抱える問題には、賃上げをはじめとする労働条件の向上など、使用者と労働者の闘争、労使交渉で解決できるものと、労使交渉では解決できない問題がある。これに取り組むのが政治闘争である。具体的には最低賃金制度や厚生年金・健康保険といった社会保障制度、核兵器廃絶というような平和闘争などがある」「労働組合は一人でできないことをみんなで力を合わせて取り組むためにある。労働組合単体でできないことを取り組むためには、政治の力を借りなければならない。働く人の代表者を市・県・国に送ることで、私たちの意見を反映させることができる。労働組合は働く人の声を政治に反映させる大事な役割を持っている。しっかり自分の一票を行使してほしい」と訴えました。
最後に、連合山口の豊村副事務局長より、現在の県内における政治情勢や取り組み状況について説明いただき、現状の認識について共有をはかりました。

会場の様子

斉藤市議

 

 

 

 

 

 

 

 

原爆被爆者支援カンパの報告と御礼

県央地域協議会は、今年も“原爆被爆者援護、核兵器廃絶運動の継承および平和を求める運動の拠点”である「ゆだ苑」を支援しようと、加盟組合に呼び掛けカンパ活動を展開し、804,177円を集約しました。組合員さんから寄せられた貴重な浄財は連合山口全体で取りまとめ、9月1日に「ゆだ苑」へ寄贈される予定です。ご協力に対し心から御礼を申し上げます。

<2021西部地協 第6回書記長研修会を開催!>

連合山口・西部地協は2021年7月21日(水)15:00~下関グランドホテル2階飛翔の間BCに於いて

「2021西部地協第6回書記長研修会」を開催しました。

各単組書記長16名・西部地協 推薦議員6名・講師(友誼団体)5名・ゲスト1名・連合山口1名・西部

地協3名計32名の方にご参加いただきました。

講師 連合山口 藤田副事務局長による「労働組合の役割と政治~そして政策へ!」の研修会後、連合

山口推薦候補 ・坂本史子氏にゲストとしてご挨拶頂き、続いて西部地協 推薦議員6名、中嶋県議・

宮本県議・酒本県議・山下市議・濱岡市議・氏原市議の皆様から議会や地元での議員活動報告を賜

りました。

また、友誼団体である、こくみん共済COOP山口推進本部・中国労働金庫下関支店様より活動と取

り組みについてお話していただきました。

ご参加いただきました皆様、本当にありがとうございました。

 

▲始まりの挨拶をされる橋本議長           ▲司会進行をされる豊村事務局長

 

▲連合山口 藤田副事務局長         ▲研修会風景

     

▲推薦候補者 坂本史子氏   ▲中嶋県議   ▲宮本県議    ▲酒本県議

  

▲山下市議    ▲濵岡市議    ▲氏原市議

 

▲こくみん共済COOP山口推進本部      ▲中国労働金庫下関支店

(熊谷さん・小松さん・矢吹さん)       (藤井仁さん・藤井健太郎さん)

フードバンク山口・周南拠点に食品寄贈

県央地域協議会周南地区会議は、フードバンク山口の食品提供活動に賛同し、一時金支給時に合わせて加盟組合に支援を呼び掛けた結果、数多くのカップ麺やお米、レトルト食品など集約しました。

7月27日、亀井代表はじめ三役が、周南地域の活動拠点である株式会社「中特ホールディングス」を訪れ、ボランティアリーダーを務めておられる企画広報室の靏本昌子氏に食品を贈呈しました。

靏本氏は「夏休みに入り、需要が増える時期なので大変ありがたい」と感謝の言葉を述べられた後、自社の社員一人ひとりが毎日15分、仕分け作業や管理等のボランティア活動を実行されていることなど紹介されました。

周南地区会議では、これを機に、今後も取り組みを継続していく予定です。引き続き、皆さんの暖かいご支援とご協力をお願いします。

▲「中特ホールディングス」の倉庫にて(2021.7.27)

▲組合員さんから寄せられた食品(県央地協事務所)

 

平和祈念「愛の折り鶴」2,910羽集約

県央地域協議会は、今年も加盟組織人員の10分の1を目標に「平和祈念 愛の折り鶴」の取り組みを展開し、趣旨に賛同いただいた組合員さんから目標(2,500羽)を上回る2,910羽が寄せられました。

皆さんの思いを束ねた折り鶴は、連合山口を通じて、連合が広島や長崎で実施する平和祈念の行事などに献納します。

ご協力ありがとうございました。

小林雄二周南市議より「後援会報」が届きました

周南市議会の連合山口推薦議員「小林雄二」さんから、後援会報7月号が届きました。 詳しくは、ねっとわーく「小林雄二後援会報」をクリックしてみてくださいね。

→ ねっとわーく[小林雄二後援会報]

<連合山口・西部地協 2021書記局職員研修会を開催!> 

連合山口西部地協は、2021年6月22日(火)10:00~山陽小野田市きらら交流館(調理実習室)に於いて『2021書記局職員研修会』を、参加者14名で開催いたしました。

冒頭、主催者を代表して橋本議長にご挨拶を頂き、その後、本日の講師である中島智美(ファイナンシャルプランナー)氏から「これからの~女性のライフプラン~」と題した講演をいただき、これからの生き方や人生設計、老後の蓄えなどについてたくさんの事を学ばせて頂きました。

ご講演終了後は、中島先生が自称「特技」と言われている「そば打ち」を教わりながら、参加者の皆様自ら打ったそばで昼食交流会を行いました。

新型コロナウイルスの感染症拡大も政府のすすめるワクチン投与により幾分収まっては来ましたが、まだまだ気が抜けない日々が続いております。

昨年は中止としたこの研修会ですが、参加者の皆様のおかげで、充実した研修とする事が出来ました。

お忙しい中ご参加頂き、誠にありがとうございました。by宮﨑

   

▲講師 中島智美さん    ▲研修会風景

  

▲そば打ち体験風景        ▲参加者の皆様

        

▲そば打ち体験される橋本議長      ▲倉重副事務局長

    

▲豊村事務局長             ▲安井職員

 

<「全国一斉集中女性のための労働相談ホットライン」に伴う街宣行動の実施!>

連合山口・西部地域協議会下関・宇部・山陽小野田地区会議は、

2021年6月8日(火)~9日(水)10時~19時<2日間>

「全国一斉集中女性のための労働相談ホットライン」に伴う街宣行動を実施しました。

   

▲5/25下関地区会議(西本事務局長・安成副代表)  ▲5/26宇部地区会議(濱岡事務局長・屋敷副代表)

▲5/26山陽小野田地区会議(安井副代表・福江組合員)

<2021連合山口・西部地域協議会メーデーを開催!>

連合山口西部地域協議会は、2021年4月29日(木・昭和の日)シーモールパレス3階

(エメラルドの間)において2021連合山口西部地域協議会メーデーをWEB開催しました。

来賓に連合山口徳野副会長を始め、前田下関市長・藤田山陽小野田市長・篠﨑宇部市長他18名の

ご臨席を賜り、橋本議長、メーデー実行委員会19名の出席と各地協加盟組織の皆様にはおよそ

700名視聴を頂き、山口県共同募金会を始め4団体に寄付金の贈呈を行いました。

その後、お楽しみ抽選会を開催し盛会裏に終了いたしました。

  

▲橋本議長       ▲連合山口徳野副会長       ▲前田下関市長

   

▲藤田山陽小野田市長   ▲篠﨑宇部市長                   ▲寄付金贈呈4団体の皆様

               

▲メーデー宣言西本実行委員長           ▲抽選会の様子(徳野副会長・新城副会長)

        

▲(中国労金 藤井支店長)     ▲(橋本議長)         ▲抽選会で特賞を獲得された三菱労組の組合員さん

  ◀メーデー実行委員会の皆さん

 

 

 

中部地協各地区会議がサーマルカメラを寄贈

中部地協は、例年行っている募金活動や清掃活動などの社会貢献活動が、コロナ禍により取り組めなかったことから、中部地協内の3市(長門・萩・美祢)の各種団体に「顔認証型AIサーマルカメラ」の寄贈を行うことを決定。メーデー式典での長門市社会福祉協議会への贈呈に続き、5月25日に萩市社会福祉協議会に、5月28日に美祢市にそれぞれ贈呈を行いました。各団体からは、「手持ち用の体温計しかなかったので非常に助かる」など、感謝の言葉をいただきました。

5月25日(火)萩市社会福祉協議会 大島昌子 会長(右)に贈呈

5月28日(金)美祢市 篠田洋司市長(左)に贈呈

 

第92回中部地協メーデーを開催

中部地協は、5月1日(土)、長門市中央公民館にて第92回中部地協メーデーを開催、来賓・組合員をあわせ60名が参加しました。

冒頭、主催者を代表し佐田議長代行が「コロナ禍という未曽有の状況下においても、働く仲間とともに力を結集し、支え合い、助け合うという労働運動の原点を、本メーデーにおいて改めて皆さんとともに確認したい」と挨拶。続いて、ご来賓の桝本連合山口副会長、小林長門市企画総務部長、斉藤萩市議会議員、坂本次期衆院選山口県第3区候補予定者よりご挨拶をいただきました。

また、例年行っている募金活動や清掃活動などの社会貢献活動が、コロナ禍により取り組めなかったため、中部地協内の3市(長門・萩・美祢)の各種団体に物品の贈呈を行うこととし、当日はご当地の長門市社会福祉協議会の藤野会長に「顔認証型AIサーマルカメラ」の贈呈を行いました。さらに、昨年より年間を通じて「フードバンク山口」の活動への支援を行っていることから、フードバンク山口今村代表にお越しいただき、募金の目録を贈呈しました。

メーデースローガンとメーデー宣言を採択したのち、佐田議長によるガンバロー三唱を行い、式典を締めくくりました。

 

コロナ禍でも「春の要請行動」実施

県央地域協議会は、今年も春季生活闘争の一環として、労働行政や経営団体に対し春の要請行動を実施しました。コロナ禍の今年は、人数制限をしての行動となりましたが、管轄する労働基準監督署やハローワーク、各市の商工会議所を訪れ、コロナウイルス感染症への対応やWithコロナ/Afterコロナ時代における諸課題の解決に向けた取り組み等について適正な対応を求め、以下の項目について要請しました。

▲山口地区会議【3月11日 ハローワークにて】

▲山口地区会議【3月11日 山口労働基準監督署にて】

▲山口地区会議【3月11日 山口商工会議所にて】

▲周南地区会議【3月12日 徳山労働基準監督署にて】

▲周南地区会議【3月12日 徳山商工会議所にて】

▲周南地区会議【3月12日 新南陽商工会議所にて】

▲周南地区会議【3月12日 ハローワーク徳山にて】

【労働行政への要請項目】

1.コロナウィルス感染症への対応について

2.労働関係法令順守の徹底について

3.就業時の労働条件をめぐるトラブルの防止に関して

4.最賃法違反の防止について

【経営者団体への要請項目】

1.Withコロナ/Afterコロナ時代における諸課題の解決に向けた取り組みに関して

2.「底上げ」「底支え」「格差是正」の取り組みの強化と「賃金水準」の重視について

3.中小企業の賃金引上げに不可欠な公正な取引関係の実現について

4.「人材確保・定着」「人材育成」に向けた職場の基盤整備に関して

5.健全な企業経営と良好な労使関係の構築について

コロナ対策支援、各市へ物品寄贈

県央地域協議会では、昨年の11月から、管内の各市に対してコロナ対策支援が出来ないかと、市職員の方々や組合員さんから生の声を聴き検討してきました。その結果、必要とされている物品である「AI体温検知カメラ」1台と、足踏み式消毒スタンド10台を、それぞれ各市に寄贈しました。寄贈式に出席した各地区代表はじめ三役や構成組織代表は「市民に安心して施設を利用していただきたい」と話し、各市からは「心温まる寄贈。十分に活用する」と、感謝の言葉が述べられました。体温検知カメラの設置場所は、防府市図書館、山口市役所福祉相談窓口、徳山保健センターの三か所です。また、消毒スタンドは、各市の支所等に設置される予定です。

▲寄贈式【2月12日 防府市図書館にて】

▲寄贈式【2月16日 山口市役所にて】

▲寄贈式【3月15日 周南市役所にて】

 

2021中小企業労組討論集会ひらく

県央地域協議会は2月6日、周南市で、2021中小企業労組討論集会を開催しました。本集会は、毎年、春季生活闘争の前段で連合山口の闘争方針を示し、情報交換を行いながら、各単組の取り組みに活用していただくことを目的としています。今年は、コロナ禍での開催となったことから会場や運営要領も見直し、新型コロナウィルス感染症防止を最優先に万全の対策を期して行いました。

主催者を代表して、大塚尚議長が「コロナ禍で活動が難しい状況ではあるが、出来ることをしっかりやろう」と挨拶した後、連合山口の藤田英二副事務局長が講演を行いました。藤田副事務局長は、2021春季生活闘争について「コロナの影響で、これまでのような至近の情勢を踏まえたうえでの交渉では通用しない」と述べ「日本が抱える構造課題とコロナ禍によって明らかになった社会の脆弱さを克服し、将来世代に希望がつながる持続可能な社会の実現に向け、春季生活闘争の意義と目的を認識したうえで闘争に臨もう」と強調しました。

中小企業労組では、これから本番に向けて具体的な取り組みが加速します。コロナに負けず、組合員と家族のしあわせのために、そして、地域で働く仲間の「底上げ」「底支え」「格差是正」の牽引役を目指して、ともに頑張りましょう!

 

 

労働相談ホットラインのご案内(2/24-25)

雇用SOS ちょっと待った!その解雇・雇止め

コロナ禍の影響が多くの働く仲間に及ぶ中、労働契約の更新時期を迎える年度末に向けて雇用へのさらなる影響が懸念されます。

そこで、連合は2月24日(水)、25日(木)の両日、全国一斉集中労働相談ホットラインを実施します。

期間中は、10時00から19時00分まで、無料かつ秘密厳守で相談を受け付けますので、一人で悩まず、お気軽にお電話ください。

通話料無料のフリーダイヤルは、0120-154-052(いこうよ れんごうに)です。

▲防府地区会議

▲周南地区会議

▲山口地区会議

※連合山口県央地域協議会は2月2日から3日間、地区会議毎に広報車を走らせ、周知活動を行いました。

 

防府地区会議青年委員会が清掃ボランティア!

防府地区会議青年委員会(宮本晴充委員長)は1月31日(日)9時から、防府市上右田のトラックパーキングの清掃活動を実施しました。

このパーキングは交通量が非常に多い国道2号線沿いにあり、長距離トラックや一般車両のドライバーなどがトイレ休憩等で利用していますが、一部の悪質なドライバーによるゴミや空き缶のポイ捨てが常態化する場所となり、景観の悪化や不衛生な状況が地域住民にとって迷惑な環境となっています。このような状況を重く受け止めた宮本委員長はじめ青年委員会のメンバーが発起人となり、このたび、清掃活動を行ったものです。1時間半に渡り拾い集めたゴミは約30袋にもなり、予想を上回る結果となりました。

ボランティアリーダの宮本委員長は「この活動によって、気持ち良く利用していただくとともに、利用者のポイ捨て意識の改善や、環境悪化の抑制に繋がれば」と汗をぬぐっていました。

※青年たちの思いが、利用者に伝わることを期待したいですね。青年の皆さん、特別参加の大内一也さんも、お疲れさまでした。

防府地区会議「新春の集い」開催

防府地区会議(速水光治代表)は1月26日夕刻、サンライフ防府で恒例の新春の集いを開きました。コロナ禍とあって、かつてないほど小規模となりましたが、地域運動に関わる仲間が知恵と工夫を凝らし現況での活動を展開していくことを誓い合う集いとなりました。

激励のため駆けつけていただいた井上剛県議会議員は、挨拶の中で歴史を振り返り「人類は感染病を克服する中で発展を遂げてきた。コレラを契機に農奴解放から貨幣経済が生まれ、ペストで上下水道の整備が進んだ」、今年は「コロナでテレワークなど働き方改革が加速している」とし、「牛は8000年以上前から人と共存し、食糧・労働力・衣料・肥料、娯楽など多くのものを与えている。丑年は発展を予感させる年」と、コロナを契機に発展出来るよう共にガンバロウとエールを送りました。

また、山田耕治市議会議員からは、ご自身が地元、大道で「コウノトリ」を目撃したことを明かし、NETで発信したところ、専門家から「昨秋以降、同じく防府市で目撃情報が数件寄せられている」との情報を得たことを述べ、「コロナ禍で暗いニュースが多い中、『禍』ではなく、明るい兆しを運んでくれたと信じたい」と、明るい話題を提供していただきました。

小田村県議より「県政レポート」が届きました

山口市選挙区選出の連合山口推薦議員「小田村克彦」さんから、県政レポートが届きました。

詳しくは、県政レポートをクリックしてみてくださいね。→ 県政レポート

連合山口バナー

© RENGO YAMAGUCHI. All rights reserved.

《 連合山口 》
HOME(トップページ)
なんでも労働相談
中小企業向け助成金等
広 報
会員専用ページへ
日本労働組合総連合会山口県連合会(連合山口)
〒753-0078 山口県山口市緑町3-29
電話: 083-932-1123 Fax: 083-932-1131
rengo-yamaguchi@rengo-y.com