「働くことを軸とする安心社会」という理想を実現

第93回中部地協メーデーを開催

中部地協は、4月29日(金・祝)、ルネッサながとにて第93回中部地協メーデーを開催、来賓・組合員とそのご家族138名が参加しました。
式典の冒頭、佐田議長が主催者代表挨拶として「県内統一メーデーから各地協メーデーの開催になって3年目になるが、新型コロナウイルス感染拡大により一昨年は中止、昨年は式典のみの開催となった。未だ感染者は増加傾向にあるが、一人でも多くの組合員に連合の活動にふれていただきたいとの思いから昨年より規模を拡大して、できる限りのソーシャルディスタンスを確保しての開催とした。今回のメーデースローガンは「一人ひとりが尊重される 多様性を認め合う社会をめざし みんなが輝く未来をつくろう!」である。今、世界は新型コロナウイルス感染症、ロシアのウクライナ軍事侵攻など大変に不安定な状況となっている。こうした未曽有の状況下においても、働く仲間と共に力を結集し、支え合い、助け合うという労働運動の原点をあらためて確認し合いたい。」と述べました。続いて、来賓の桝本連合山口副会長、堀長門市経済観光部長、4月24日の選挙で6度目の当選を果たされた斉藤萩市議会議員よりご挨拶をいただきました。
式典終了後には参加者全員で、ロシアのウクライナ軍事侵攻を非難し、即時の作戦中止・撤退と核兵器反対・恒久平和を強く求めるためのアピールボードアクションを行いました。また、受付で実施したウクライナ人道支援募金には、皆様から6,647円のご支援をいただきました。
抽選会では、中部地協内の各自治体の特産品をはじめとする豪華賞品をめぐって、会場全体が大いに盛り上がりました。

 

【抽選会の様子】

  

 

小林雄二 周南市議より後援会報が届きました

連合山口推薦の周南市議会議員「小林雄二」さんから、後援会報が届きました。 詳しくは、“ねっとわーく”をクリックしてみてくださいね。

 

第93回メーデー式典 YouTube生配信のご案内

県央地域協議会は4月29日(金・祝)9時30分から山口市維新公園内 野外音楽堂“ビックシェル”にて、第93回連合山口県央地域協議会メーデーを開催します。今年も昨年同様「すべての労働者の団結・連帯のための祭典という趣旨を意識した『メーデー式典』をメインとし、規模は労働組合役員と組合員を中心に200名程度とします。ただいま、各地区会議(防府・山口・周南)事務局より、各加盟単組に参加募集のご案内をしていますので積極的(人数制限はありますが)にご参加をお願いします。また、当日は「YouTube生配信」も行いますので、是非ご視聴をお願いします。詳しくは、ここをクリックしてみてくださいね。

なお、イベントの開催にあたっては、県からの指導により参加人数が5,000人以下の大会・イベント等において、感染防止策チェックリスト等を作成し、主催者のホームページ等で公表することになっています。また、作成したチェックリストと、イベント終了後、結果報告を作成し、いずれも1年間保管することとします。

感染防止策チェックリストはこちら

山口地区会議 清掃ボランティア活動実施

山口地区会議(木村正徳代表)は4月9日(土)9時から正午まで、地域貢献活動の一環として、山口市元町を流れる前田川の清掃ボランティア活動を実施しました。このたびは、川幅が狭いことから、安全確保のため、参加者を推薦議員と地区会議三役および青年委員会役員に限定し少人数で行いました。参加者は川底と路肩に分かれて工夫を凝らしながら作業を行い、軽トラ一台分のごみを収集しました。山口地区会議では、このような活動を通じて、コロナ禍で活動が縮小している「山口地区会議青年委員会」の活性化と役員間の交流を図っていきたい考えです。みなさん、大変お疲れさまでした。

 

とくらたかこ県議より「笑顔通信」が届きました

連合山口推薦の県議会議員「戸倉多香子」さんから、県政レポートが届きました。詳しくは、笑顔通信をクリックしてみてくださいね。

 

防府地区会議も「春の要請」行動実施

防府地区会議の松村啓史代表と佐島誠事務局長は、3月29日、2022春季生活闘争の一環として、賃上げの実現やコロナ禍における働く環境の整備などを求め、ハローワーク防府と防府商工会議所に対し「春の要請行動」を実施しました。このうち、ハローワークでは、防府市の雇用情勢や新型コロナウィルス感染症の影響による解雇・雇止め離職者の状況について報告を受けました。また、商工会議所では、山口・周南と同様4項目について要請し「約1700の会員に声が行き届かない部分もあるが、定例会議等で要請について報告させていただく」との回答がありました。春の要請行動が、地域で働くすべての仲間の労働条件や環境の改善に寄与しますように!

▲ハローワーク防府所長へ要請書を手交する松村代表(左)

▲防府商工会議所会頭へ要請書を手交する松村代表(左)

防府地区会議 政策提言に対する回答受ける

防府地区会議の速水光治副代表と佐島誠事務局長は3月28日、防府市役所を訪れ、昨秋、対市要請した5項目の政策提言について回答を受けました。当日は、担当者とともに池田豊市長も同席され、新年度予算に反映した内容はより詳しく、また、検討事案についても前向きな回答がありました。防府地区会議では、これらを踏まえ、今後の政策提言づくりに活かしたい考えです。

<要請5項目>

①自治体DXの推進と行政サービスの向上

②まちづくりにおける交通事故抑制に向けた道路環境整備

③災害発生時の避難対応強化

④2050年カーボンニュートラルの実現に向けた対応

⑤投票率向上に向けた投票環境の整備と投票推進施策の強化

▲池田市長から回答書を受け取る速水副代表(中央)(3/28市長室にて)

山口地区会議 労働政治学習会を開催

山口地区会議は3月24日夕刻、山口市緑町の労福協会館で、WEB参加8名を含む33名の参加を得て労働政治学習会を開催しました。この学習会は、組合役員を中心に政策立案能力を高めることを目的に推薦議員の協力のもと年2回程度実施しているものです。

講師を引き受けていただいた「へや翔大」山口市議会議員は、新市庁舎や湯田温泉パーク(仮称)の概要説明はじめ市議会会派の必要性について解説。仕事終わりにも関わらず参加者の皆さんは熱心に聞き入っていました。山口地区会議では、このような取り組みを通じて、市政に関心を持ち、働く者や生活者の視点からの提言に結び付けたい考えです。

▲講演中の「へや翔大」山口市議会議員(3/24 山口市防長苑)

▲労働政治学習会の会場風景

2022中小企業労組討論集会を開催

東部地域協議会光・下松地区会議は2月26日(土)に下松市において、岩国・柳井地区会議は3月4日(金)に柳井市において、中小企業労組討論集会をそれぞれ開催しました。

新型コロナウイルス感染症対策を講じるとともに、柳井会場ではオンラインも併用するなど、コロナ禍であっても安心して参加できるよう工夫をしながら開催しました。

討論集会では、講師に連合山口の横山副事務局長をお招きし、2022春闘の意義や基本的なスタンス、賃金に関する要求やすべての労働者の立場にたった働き方の改善などの具体的な要求の方法など、春闘交渉に臨むにあたっての効果的なポイントについて説明をいただきました。

参加者からは「説明があったように国の助成金などをうまく活用していきたい」「他の労組の春闘の取り組みが大変参考になった。自分たちの交渉に活かしたい」などの声が聞かれました。

東部地域協議会は、各地区会議と協力しながら、春の要請行動を通じて春闘の底支えとなるよう活動を展開していきます。

 

 

 

 

 

 

▲下松地区会議 川本代表 挨拶     ▲光・下松地区会議 開催の様子

 

 

 

 

 

 

 

▲柳井地区会議 西山代表 挨拶     ▲岩国・柳井地区会議 開催の様子

 

 

<宇部地区会議 連合の日36協定の周知に向けての街宣活動を実施>

宇部地区会議は、3/6(日)に、連合の日(毎月5日)の担当地区会議として

終日、連合山口街宣車による「36協定の周知に向けた」街宣活動を宇部市内

各所にて展開しました。

▲左:濱岡事務局長 中:矢幡代表 右:豊村事務局長

 

<山陽小野田地区会議 春闘行動を実施>

山陽小野田地区会議は、3月6日(日)山陽小野田市「おのサンサッカーパーク」にて、春闘期の活動を広く市民にPRする活動の一つとして、総勢50名の方にご参加いただき、周辺主要道路沿いの清掃活動を実施しました。

冒頭、河崎代表より「山陽小野田地区会議では、これまでは市内の各組合が参加する春闘駅伝大会を例年行ってきました。しかし、この2年間はコロナ禍の状況でもあり今季の実施についても検討を行いましたが、中継所や交通整理、選手の運搬などについても難しいのではという意見があり、本年度についてはビブスを着て、地域貢献活動としての市内清掃作業に取り組みを変更して実施することとしました。次年度については、駅伝の実施についても再検討を行い、また、ご家族の方にも参加しやすいウォークラリーなどについても検討していきたいと思っています。また、休日にも早朝にも関わらずお集まり頂いた組合員に感謝の言葉を述べられました。

続いて、西部地協(山陽小野田)推薦議員の中嶋県議にもご参加いただき「春闘も作業も一緒にがんばりましょう!風が強いのでケガなどされないように」とご挨拶を受けました。終了時には、それぞれの班から予想していたよりも多くのごみが集められ、周辺地域は随分と綺麗になりました。

ご参加いただいきました組合員の皆様には、諸行事の多い時期に、ご協力いただき誠にありがとうございました。大変お疲れ様でした。

 

▲河崎代表               ▲中嶋県議

 

▲開会式の様子              ▲清掃風景

▲参加者の皆様

 

周南地区会議も「春の要請」行動実施

県央地域協議会は3月9日の山口地区会議に続いて、3月17日午前中、周南地区会議の富田裕一代表と村田尚之事務局長が労働行政や経済団体を訪れ、山口同様の内容で「春の要請」を行ない、いずれの要請先でも内容については一定の共通認識を得ることが出来ました。そのうえで、商工会議所からは「コロナ禍での様々な課題をお互いに共有し、連携出来るところは連携して取り組んでいこう」と前向きな提言がありました。労働組合の原点でもある「支え合い・助け合い」の精神に則り、この国難を共に手を携えて乗り越えましょう!

▲徳山労働基準監督署長へ要請書を手交する富田代表(右)

▲徳山商工会議所事務局長へ要請書を手交する富田代表(左)

▲新南陽商工会議所専務理事に要請書を手交する富田代表(右)

▲ハローワーク徳山所長へ要請書を手交する富田代表(右)

 

山口を皮切りに経済団体や労働行政へ「春の要請」

連合山口は、経済・社会の活力の原動力となる「人への投資」を積極的に求める「未来づくり春闘」を展開することを方針に掲げ、2022春季生活闘争に取り組んでいます。そうした中、その一環として、労働組合が牽引役となり分配構造の転換に繋がり得る賃上げの実現と、コロナ禍における働く環境の整備などを求め、県内各所の経済団体や労働行政に対し「春の要請」を行なっています。

県央地域協議会では3月9日、山口地区会議の木村正徳代表と岩本一誠事務局長がハローワーク山口と山口労働基準監督署を訪れ①コロナウィルス感染症への対応②公正な取引関係の実現③労働関係法令遵守の徹底等について、また、山口商工会議所には①健全な企業経営と良好な労使関係の構築②底上げ・底支え・格差是正の取り組みの強化と賃金水準の追求③中小企業の賃金引上げに不可欠な公正な取引関係の実現④人材の確保・定着など4項目について要請しました。

これに対し、各要請先とも内容については概ね共通認識とのコメントがあり、とりわけ、商工会議所からは「コロナ禍での課題を共有し、共に対応していこう」と前向きな提言もありました。

県央地域協議会は引き続き、周南(17日)および防府(29日)においても同様の行動を予定しています。

地域で働く仲間の皆さん、共に頑張りましょう!

▲ハロワーク山口所長へ要請書を手交する木村代表(右)

▲山口労働基準監督署長へ要請書を手交する木村代表(左)

▲山口商工会議所専務理事へ要請書を手交する木村代表(左)

<山陽小野田地区会議 2022年度政策・予算に対する要請書を提出>

山陽小野田地区会議は、2022年2月24日(金)9:00より山陽小野田市役所において、

「2022年度政策・制度要請書」の提出を行いました。

メンバーは、感染対策として河崎代表、三浦事務局長、西部地協豊村事務局長、倉重副事

務局長の総勢4名、市側の対応者は古川副市長と経済部の河口部長の2名にご対応いただき

ました。

河崎代表から古川副市長に対して、本日の場を設定していただいたお礼と4月1日から山陽

小野田市労働会館の指定管理者としてご指名いただいたことに対し、しっかりと体制を作

り、より地域に根ざした活動を行っていくとのご挨拶をし、続いて、山陽小野田市で働く

組合員の意見を集約して作成した要請書を手渡しました。

なお、回答を頂く際には、藤田市長にも出席いただき内容についての意見交換を実施する

予定です。

 

▲自己紹介の様子             ▲提出の様子

 

▲河崎代表・古川副市長            ▲対談の様子

<連合山口・西部地協 2022中小企業労組討論集会・春闘学習会を開催!>

連合山口西部地協は、2022年2月19日(土)15:00~下関市勤労福祉会館2F第3会議室に於いて

「2022中小企業労組討論集会・春闘学習会」をWEB併用で開催しました。

ご存知の通りコロナ禍の状況の中、休日にも関わらず、当日5名の組合員様・中嶋県議・酒本県議・

山下市議・濵岡市議にご来場いただき、WEBからは12名の組合員様・宮本県議・氏原市議の計23名

の方が参加いただきました。

冒頭、橋本議長からは「状況的には大変厳しいが、賃上げと労働条件の改善を目指して、全ての組織

において要求書を提出いただきたい。集中回答日にむけては、全ての構成組織が全集中、火の呼吸で

お願いします。」といういつものご挨拶に始まり、つづいて各推薦議員の皆様お一人ひとりから、日

々の議員活動報告、議会報告を含めてご挨拶をいただきました。

その後、学習会の講師である岡﨑副事務局長から、2022春闘スローガン【未来をつくる。みんなで

つくる。】をもとに、全ての組織が賃上げの要求を行う「連合山口春季生活闘争方針」について、内

容と取り組みの方針、春闘スケジュールについての説明を受けました。

本日の学習会を受け、加盟の全組織が要求書の提出、企業(雇用側)との交渉となりますが、自分た

ちはもとより、がんばった結果が、同じ地域で働く労働者、労働組合の無い組織・企業に波及して、

職場の指標となるこを願っています。

また、参加いただきました組合員様からは、2022年の春闘における方針や目標・意義がよく理解でき

た、疑問に感じていた箇所について再確認する事ができたとのお声をいただき、多くの皆様から講師

:岡崎副事務局長の説明も大変解りやすかったとの声、評価をいただきました。

地協としては、初めてのWEB、リモート併用での開催となりましたが、大きなトラブルも無く、無事

に終えることができました。参加、ご協力いただきました皆様に感謝を申し上げます。

連合山口西部地協は、今後も全て労働者に寄り添う存在となれるよう様々な学習会、イベントを開催

していきます。どうぞよろしくお願いします。

       

▲開会のご挨拶をされる橋本議長    ▲中嶋県議     ▲酒本県議     ▲山下市議

  

▲濱岡市議      ▲宮本県議(WEBからご参加)   ▲氏原市議(WEBからご参加)

  

▲ご来場参加の皆様         ▲WEB参加の皆様       ▲講師:岡﨑副事務局長

 

 

<連合山口・西部地協 2/24.25全国一斉集中労働相談ホットラインに向けての街宣活動を実施!>

西部地域協議会では、来る2022年2月24日・25日の全国一斉集中労働相談ホットラインに向けて

下関・宇部・山陽小野田の3地区会議がそれぞれ、各自治体に於いて地区会議役員を中心とした

街宣活動に取り組みました。

従来であれば、直接地域の皆様へチラシやティッシュの配布等を行う活動をしておりましたが、

昨今の新型コロナウイルス(オミクロン株)の感染拡大もあり、この度も断念することとなりま

した。

20日をもってまん延防止等重点措置は解除となりましたが、従前の労働組合の活動を行うには、

今は大変厳しい状況下にはあります。しかしながら、今後も組合員の皆様と一丸となって、西部

地協の取り組みを働く仲間に伝えていく活動、地域に皆様の目に見える活動ををこれからもしっ

かりと取り組んでいきたいと思っています。

この周知活動が、パワハラやセクハラ、職場の事で悩まれている、困っている方に届くことを願

っています。

寒い中、ご協力いただきました地区会議役員の皆様、本当にありがとうございました。

 

○2月17日(木)午前10:30~13:30 山陽小野田地区会議

▲石川副代表(日産化学労組)・三浦事務局長(山陽小野田市職労)

 

○2月17日(木)午後13:30~15:30 宇部地区会議

▲濱岡事務局長(宇部マテ労組)・矢幡代表(県水労宇部支部)

 

○2月21日(月)10:30~14:30 下関地区会議

▲豊村事務局長(連合西部地協)・西本事務局長(JR西労組)

 

 

2022中小企業労組討論集会を開催

中部地協は2月9日(水)、美祢市にて2022春季生活闘争に向けた「中小企業労組討論集会」を開催。現地・WEBあわせて26名が参加しました。
はじめに佐田議長が挨拶で「これから春闘期に突入するが、本日の集会を踏まえ、よりよい雇用環境を勝ち取っていただきたい。ぜひ皆さんの忌憚のないご意見をいただきたい」と述べました。続いて岡﨑事務局長より、連合山口2022春季生活闘争方針についての基本的な考え方や、要求内容について説明を行いました。
連合山口2022春季生活闘争方針については、こちらをご参照ください。

井上たけし県議より県政活動報告が届きました

連合山口推薦の県議会議員「井上たけし」さんから、県政活動報告が届きました。詳しくは、山口県政活動報告令和4年初春号をクリックしてみてくださいね。

 

2022春闘始動! 中小企業労組討論集会を開催

県央地域協議会は212日周南市で、連合山口の2022春季生活闘争方針を踏まえ中小企業労組の賃金交渉対策を目的に、WEB併用の「2022中小企業労組討論集会」を開催しました。コロナ禍とあって参加者32名の内21名がWEBでの参加となり、これまでにない形となりました。冒頭挨拶で富田裕一議長は、経済状況や連合の春季生活闘争方針に触れた後「春闘は『闘』より『討』とすべき」とし「労組は現場の課題を把握したうえで、会社に訴えていくことが重要だ。春闘を、労使で自社の課題について話し合う機会としてほしい。今期のスローガンでもある未来をつくる。みんなでつくるための春闘にしよう」と強調しました。続いて、横山崇連合山口副事務局長が2022春季生活闘争方針について具体例を交え解説。横山副事務局長は、コロナ関連の国や県の制度についても事例紹介し積極的な活用を呼びかけました。

県央地域協議会は今後、春闘の早期解決や公正な取引関係の実現、法の遵守などを求め、商工会議所や労働行政に対し春の要請行動を実施する予定です。

▲主催者挨拶をする富田議長

▲春闘方針を説明する横山副事務局長

「全国一斉集中労働相談ホットライン」事前PR活動を実施!

2月24日(木)25日(金)に連合「全国一斉集中労働相談ホットライン」を実施します。

東部地協ではその事前PR活動として、街宣車を使用して和木町・岩国市・周防大島町・柳井市・田布施町・平生町・上関町・光市・下松市の各市町を回りました。

契約社員には正社員にある休暇や手当などがない。この待遇差っておかしくない?そんな職場でのトラブルや悩みは一人で悩まず、まずは連合にご相談ください。

【全国一斉集中労働相談ホットライン】

日時:2月24日(木)25日(金)10:00~19:00

電話:フリーダイヤル0120-154-052(フリーダイヤルいこーよれんごうに)

相談窓口:連合山口東部地域協議会 岩国市桂町2-6-1 こども館内

 

 

連合山口バナー

© RENGO YAMAGUCHI. All rights reserved.

《 連合山口 》
HOME(トップページ)
なんでも労働相談
中小企業向け助成金等
広 報
会員専用ページへ
日本労働組合総連合会山口県連合会(連合山口)
〒753-0078 山口県山口市緑町3-29
電話: 083-932-1123 Fax: 083-932-1131
rengo-yamaguchi@rengo-y.com